スバル フォレスターを車査定比較.comでネット査定してもらいました

スバル フォレスターをズバットでネット査定してもらいました

 

5年落ちのスバル フォレスターを車査定比較.comでネット査定してもらいました。

 

スバル フォレスターはSUV車としての存在感がある上に、走りの安定性に特徴がある車種です。

 

坂道などは強い車で、たとえ悪路を走った時でも、簡単にはバランスが崩れない。加速性能も比較的優れているので買取価格も期待できると聞きました。

 

全体的に3代目以降のモデルは、高額売却になる傾向があるそうです。

 

実際に査定をしてみると、高くなるとは聞いていましたが、思った以上に高くて驚いています。

 

フォレスターの買取価格相場を調べてみる

 

車査定比較.comは、業界で1番入力するのが少ないのも良かったです。
フォレスターの買取価格相場を調べてみる車査定比較.comでスバル フォレスターの買取価格相場を調べてみる(無料)

 

 

 

スバル フォレスターを高く売る方法

 

査定後、中古車買取り店スタッフさんに聞きました。

 

スバル フォレスターを高く売るためには、走りに強いこだわりを持つ「スバリスト」に売るための、エンジン・足回りのメンテナンスや整備履歴が重要なポイントになります。スバル車で高額で取引されている個体はほとんどがターボ車なんだそうです。

 

とくに、コンディションの良し悪しが査定をする上でとても大きく影響を与えます。

 

そして、「スバリスト」の愛車に注ぎこんだ愛情をお話を聞きながらチェックしているそうです。愛車を大事にしていると分かるように買取店の方に伝えるのが重要なポイントと言えるかもしれません。

 

 

買取り価格を調べたら必ず売らなきゃいけないわけではありませんので、とても便利なサービスです。 (利用は無料です)
フォレスターの買取価格相場を調べてみる車査定比較.comでスバル フォレスターの買取価格相場を調べてみる(無料)

 

ランキング

フォレスターの買取価格相場を調べてみる

車査定比較.comの特徴

価格 無料円
評価 評価5
備考 入力項目が少なく簡単に愛車の査定額を調べることができる
車査定比較.comの総評

車査定比較.comの特徴は、業界トップクラスの加盟店を有している点が大きいでしょう。全211社の大手買取店から中小の企業まで様々な形式の買取店が参加していますので、事故歴があったり、まったく動かないというような廃車にしなくてはいけないような車でも買取が可能になっています。スマホから簡単に価格を調べることができるので「売れるの?」がすぐにわかります。

フォレスターの買取価格相場を調べてみる

カーセンサー簡単ネット査定の特徴

価格 無料円
評価 評価5
備考 大手企業リクルートが運営する車一括査定サービス!
カーセンサー簡単ネット査定の総評

中古車情報雑誌のカーセンサーを発行している大手のリクルートが運営する中古車の一括査定サービスです。参加している企業は業界トップの300社以上。買取店だけではなく、解体業者や海外に販路を持っている輸出専門の買い取り店など、自宅近くにこのような買取店がない方でも安心して利用することができるサービスです。

フォレスターの買取価格相場を調べてみる

クルマを売るならユーカーパックの特徴

価格 無料円
評価 評価5
備考 スマホで1分、愛車の査定額を調べることができる!
クルマを売るならユーカーパックの総評

車を一番高く売る方法は「中間コストがかからない状態で」「できるだけ多くの人に金額を競わせる」方法がもっとも効果的です。ユーカーパックの車買取では中間コストをはぶいて、多くの買取業者からの買取価格の提示を受けることができるシステムなので初めての方でも安心して利用することができるサービスです。利用は無料。

海外でも人気が高い車種

 

スバル車の人気は日本国内に留まりません。アメリカやヨーロッパでも高い人気を誇り、ときには数カ月先まで予約が取れなくなることもあるほどです。もちろんフォレスターもそのうちの1台で、2017年にはアメリカでの販売台数第2位、ヨーロッパでは第1位を記録しました。

 

日本国内のおける同じ年の販売台数ランキングでは第4位なので、海外人気がとくに強い車種であることがうかがえます。世界に目を向けても需要が高いという強みは、中古車の買取相場を上げる大きな要因になっているといえるでしょう。

 

 

5代目のフォレスターはリセールバリューが高い

 

フォレスターは、1995年にはじめて発表した「スバル・ストリーガ」から現在5代目までフルモデルチェンジを続けてきました。1~3代目までは年式が古く売値も下がってしまいますが、2012年以降の4代目、5代目フォレスターは未だリセールバリューを高く維持しています。

 

近年は安全性能を重視する方が多いため、アイサイトのような装備があればさらなる高額査定が期待できるでしょう。